www.trendlinks.org

-

-

車を売る時、そして中古車の売却時もどちらも印鑑証明が必要になります。この印鑑証明に関して解説しましょう。印鑑証明とは、その印鑑が実印であることを裏付ける書類です。この印鑑証明がなければ、その印鑑について実印で間違いないかどうかが実証できません。決して小さくない取引になる該当する車の買い取りのため、必然的に実印が要ることになりますが、それとセットでこの印鑑証明も出てきます。印鑑証明を交付してもらうためには、発行前に印鑑証明する必要があります。登録する印鑑は通称、実印と呼ばれていて、世界で唯一のハンコであることが条件です。実印を用意して市役所などの取次ぎ所へいけば、すぐに印鑑登録できます。印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードなるものがもらえて、その印は実印ということになります。印鑑証明を交付してもらうためには、役所の案内係で専用の書類に必要事項を記載して印鑑登録カードを持って行くだけです。また自動交付機で印鑑証明を交付してもらうことができます。印鑑証明には有効期限などはありません。そのためいつの印鑑証明だとしてもその効力は消えないのです。しかしながら、自動車買い取りのときには、必要になるのは現在より3ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。基本的には有効期限を気にする必要はないのですが、クルマ買い取りの際は、買い取る側が必須となる有効期限を設定していますので、もしも売却の予定がある場合ははじめに用意しておくことが必要です。

Copyright © 2000 www.trendlinks.org All Rights Reserved.